緑内障の治療を静岡の眼科で行う

緑内障は早期発見と信頼できる眼科で適切な治療が大事

1日に2回朝夕続けていることで、眼圧は常に正常値が続いていて、定期的に診察してもらっている眼科の先生からも安定しているので続けるようにと言われています。
緑内障になって感じていることは、早期発見の大切さと適切な治療を行ってくれる信頼できる眼科で診察を受けることや継続的に点眼薬や内服薬を使用することの重要性です。
緑内障は誰もがかかる可能性のある病気ですが、早期に発見することができれば適切な対応で視力の低下や失明を避けることができます。
私の場合は、網膜剥離の手術の入院中に発症したことで、継続した点眼を開始することができました。
緑内障については、研究も進み点眼薬も効果の高いものが開発されていますし、急性的な症状ならば内服薬を使用して眼圧を下げることもできます。
手術を行って房水の排出を促進することもできるため、それぞれの症状や体質に応じた対応が可能になっています。
静岡市内にも経験豊かな信頼できる眼科があるので、自覚症状のあるなしを問わず、相談することがよいのではないかと思います。

緑内障は自覚症状が無くても定期的な検査が必要緑内障になり手術後は点眼と定期的な診察緑内障は早期発見と信頼できる眼科で適切な治療が大事